SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. 連載
  3. 鳩山会談 第三十回 GUEST 和島昭裕さん

連載

鳩山会談 第三十回 GUEST 和島昭裕さん

鳩山会談

2021.09.09

鳩山会談 第三十回 GUEST 和島昭裕さん

今回のゲストは、デザイナーからマーケティング、メディア、社長業とファッション業界で多彩なキャリアを積んできた和島昭裕さん。強面だけど優しい“WAZZYさん”として、業界で頼られる存在です。今春にはアカツキの元取締役の小川智也さんと新会社、KREATION(クリアーション)を設立し、ゲームとサイバーファッションのグローバルプラットフォームの構築に取り組んでいます。3年前からNFTに注目してきた鳩山さんとの会談は、ファッションとNFTの未来を照らす示唆に富んだものとなりました。必読です!

edit & text by KAIJIRO MASUDA
illustration by CHINO A

GUEST 和島昭裕さん

和島昭裕さん

1974年生まれ。アメリカ・アリゾナ州立大学建築学部卒業後、ニューヨークでファッションブランドのアシスタントデザイナーを経験。広告代理店、サザビーリーグ、楽天を経て、2014年にファーフェッチジャパンの立ち上げに参画。2019年にハイプビーストジャパン代表取締役社長/マネージングディレクターに就任。2021年3月にKreation Inc.を設立し、代表取締役COOに就任。

鳩山
はじめまして。和島さんはファッション業界で様々なキャリアを積んできたとお聞きしています。

和島
大学はアリゾナ州立大学の建築学部で意匠設計を学びました。ファッションは子供の頃から大好きで、大学の時に川久保さんとヨウジさんの“黒”に衝撃を受けたんです。建築と似ていると思って、それから自分で服を作るようになりました。で、大多数の卒業制作は都市開発なんですが、僕はキャンパスでファッションショーをやったんです。

鳩山
建築学部なのに!

和島
学長に怒られると思ったら、逆に褒められました。それでファッションの道に進もうと思って、ニューヨークのオートクチュールブランドに拾ってもらい、2年間アシスタントデザイナーを務めました。

鳩山
最初はクリエイティブからスタートしたんですね!

和島
ええ。昼間は会社で働いて、夜はパーソンズ美術大学に通っていました。ファッションで世界を変えるという野望を持った仲間が世界中から集まっていて、刺激的な毎日でしたね。でも業界は冬の時代。アメリカ同時多発テロの影響で、周囲のブランドは軒並みクローズしました。その時に感じたのは、ファッションは平和のベースの上に成り立っている産業だということ。ファッションを守っていくことが人間が人間らしい生活を送る基盤になるという思いを強くし、この業界で生きていく決心が固まりました。

鳩山
なるほど。

和島
帰国して広告代理店、サザビーリーグ、楽天でファッションに携わった後、ファーフェッチジャパンの立ち上げに参画しました。創業者のジョゼ・ネヴェスは、10年後のマーケットをビビッドに捉えていて、確固たるビジョンがありました。ジョゼとビジネスを共にした経験は自分の血肉となっていて、グローバルスケールでビジネスを考え、将来のビジョンを周囲に伝えていくことの大切さを学びました。

鳩山
次はメディアですね。

和島
ハイプビーストが各国にブランチを作る面白いタイミングだったので、挑戦してみることにしました。社長業もメディアの仕事も初めてでしたが、ブランドとコンテンツを作って、それをカルチャーでドライブしていくダイナミズムを感じられたのは良い経験でしたね。

固定ページ: 1 2 3 4 5