SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. ITEMS
  3. 【No.1 Picked by SENSE】黒好きだからこそ敢えての“ハズし”も大事 ⇒ No.1 「バーバリー」の新作フーディ

ITEMS

【No.1 Picked by SENSE】黒好きだからこそ敢えての“ハズし”も大事 ⇒ No.1 「バーバリー」の新作フーディ

2022.02.04

【No.1 Picked by SENSE】黒好きだからこそ敢えての“ハズし”も大事 ⇒ No.1  「バーバリー」の新作フーディ

絶妙なギャップ感を生み出すマスコットキャラのフーディ – ラグジュアリーブランドといえば、定番ロゴやモノグラムモチーフなどのアイテムがお馴染みだが、そんなストイックな一面ばかりではない。マスコットキャラをモチーフにしたデザインも、ラグジュアリーブランドの今なデザインインスピレーションを知る手掛かりとなる。

photography by JUNJI HIROSE styling by RYO KURODA
hair & make-up by MAKOTO ( juice) text by YASUYUKI USHIJIMA

もちろんバーバリーも例外ではない。今季のコレクションで注目したのが“トーマスベア”と呼ばれる熊のモチーフをフィーチャーしたフーディだ。バーバリーでは以前からキーチャームなどで登場していたマスコット的存在の可愛いベアを今シーズンはプリントで表現。今作のボディにはオーガニックコットン混のループバック生地を使用するなど、サスティナブルな面にも取り組み、未来を見据えている。エレガントなアイテムと合わせることで、ギャップ感を生み出すフーディは、ラグジュアリーブランドの懐の深さが体現されている。

「バーバリー」の新作フーディ
ダウンジャケット¥324,500、フーディ¥143,000、パンツ¥74,800、ハット¥96,800/以上バーバリー(バーバリー・ジャパン)

プリントの入り方もセンスを感じる!

今回のフーディで注目したいのが、斬新なプリントの入り方。フロントにワンポイントという手法が通常だが、バーバリーではフロント全面はもちろん、アーム部分やバックスタイルにかかるまで“トーマスベア”が鎮座する。一見すると全貌がわからないので、アウターからチラ見せすることでキュートなマスコットキャラを効果的に活用できるのでおすすめだ。