SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. FASHION
  3. 男の黒 – WOLF’S HEAD 幹田卓司

FASHION

男の黒 – WOLF’S HEAD 幹田卓司

2022.06.06

男の黒 – WOLF’S HEAD 幹田卓司

センスと言えば言わずもがなの黒だが、何にも染まらない強い色だからこそ、より個性が際立つというもの。そんな個を確立している男たちの黒私服を、今回は特別に拝見!

photography by JUNJI HIROSE, TOYOAKI MASUDA
text by SHUNSUKE HIROTA

「自分らしさを表現するために黒のヴィンテージと柄物を選ぶ」

「僕が黒を着る時は全身真っ黒は絶対に無くて、必ず柄が入っていたりする。真っ黒だとイメージとして、川久保さんや強さんのように本人のキャラクターで常に黒を着続ける人がカッコイイし、自分はそれを真似しようと思っても無理。今回も50年代のシャツにワコマリアと作ったロカパンを合わせているんですが、ヴィンテージと今のものを上下で組み合わせて、黒の中に色や柄が合うものをチョイスすることが多いですね。上下で柄を組み合わせるのは難しいと思うかもしれないけど、今回のようにシャツの黄色とパンツのレオパード柄の色を合わせたりすればある程度統一感も出る。特に僕の場合は、自分で作ったベルトやリストバンドなどの小物でバランスを取ってるのかな、と。ただ難しく考える必要は無くて、自分も意識はしていないけど自然とそうなります。何よりヴィンテージものを組み合わせたり柄ものを選んだりするのは、本質的に人と同じスタイルが嫌だってこともあるのかもしれないですね」。

WOLF’S HEAD 幹田卓司

Profile

1969年生まれ、東京都出身。91年、地元・千駄木にダウンタウンロッカーズマートをオープンし、96年にウルフズヘッドを設立。95年から本格的に作り始めたオリジナルのスタッズアイテムはヴィンテージを超越したアートピースとして熱狂的なファンを有している。

固定ページ: 1 2