SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. FASHION
  3. Black Outdoor – アウトドアでも当然“黒”一択

FASHION

Black Outdoor – アウトドアでも当然“黒”一択

2022.03.04

Black Outdoor – アウトドアでも当然“黒”一択

コロナ禍も3年目を迎えようとしている今。気分転換のためにアウトドアを楽しみたいという人に最適な高機能アウターが充実。自然と街をボーダレスに行き来できる、厳選の黒をチョイス。

photography by JUNJI HIROSE (model), TOYOAKI MASUDA (still) styling by RYO KURODA, KOHEI KASAJIMA (JOE TOKYO)
hair & make-up by MAKOTO (juice) text by SATOKO HATAKEYAMA

Versace 光の加減で浮かび上がるアイコニックモチーフ

ブランドのアイコンモチーフであるグレカパターンを織りで表現し、光の加減で柄が浮き上がって見える一着に。薄手のナイロン製で長めの丈ながら着心地が軽く、フードの襟元にあしらわれた細長いスロート・ラッチが、ファスナーを開けてそのまま垂らしでもサマになるのもいい。同素材のパンツを合わせてセットアップ風に着るのもおすすめだ。フード付きのコートは裏地なしの一枚仕立て。とにかく軽いので、インにボリューミーなアイテムを合わせてもかさばらず、馴染むのが嬉しい。

コート¥258,500、Tシャツ¥64,900、パンツ¥113,300/以上ヴェルサーチェ(ヴェルサーチェ ジャパン)

Stone Island エコで機能性に富んだ漆黒のシェルパーカ

赤い星刺繍がアイコンの “マリーナ”は、春夏のみのカプセルコレクション。表地100%リサイクルで高いクオリティを誇る新作は、ラグランのシームに沿ったファスナーや、フロントポケットにリーフカモ柄の小型バッグを備えるなど、スタイリッシュなディテールが満載。

ジャケット¥217,800、パンツ¥48,400/ともにストーンアイランド(ストーンアイランド)、キャップ¥22,000/エントワフェイン オム(エントワフェイン)、バックパック¥35,200/アンドワンダー(アンドワンダー)、スニーカー¥27,500/ホカ オネオネ™(デッカーズジャパン)

White Mountaineering 着るシーンを選ばないファンクショナルな黒

質感の異なる黒を切り替えたベストを、軽量でしなやかな着心地のゴアテックス インフィニアム素材のジャケットにレイヤード。フーディとスエットパンツのセットアップとの着こなしも、そのまま街で着ても違和感なし。

ベスト¥50,600、ジャケット¥74,800、フーディ¥26,400、パンツ¥29,700、スニーカー¥63,800/以上ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング)、ハット¥22,000/エントワフェイン オム(エントワフェイン)、バッグ¥8,690/ワイドット バイ ノルディスク(ヒュッゲストア バイ ノルディスク)