SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. FASHION
  3. ブランド別 – 一押しワイドデニム

FASHION

ブランド別 – 一押しワイドデニム

2022.01.31

ブランド別 – 一押しワイドデニム

“2022年春、まず、最初に欲しい服”を一挙にコレクション。昨年に引き続き今季も、各ラグジュアリーはリラックスしたスタイルが主軸。なかでもコーチジャケットや極太ワイドデニム、セットアップジャージなど、注目アイテムも目白押し。SENSEが厳選した“各ブランドの一押し”アイテムたちから、貴方好みを見つけちゃって下さい!

photography by JUNJI HATA (model), TOYOAKI MASUDA (still) styling by RYO KURODA, KOHEI KASAJIMA (JOE TOKYO)
hair & make-up by MAKOTO (for MOHAMED / juice), MASAKI TANIMORI (for TEN YOSHII / M TANIMORI LABO)
text by YASUYUKI USHIJIMA

Lemaire – 3Dシルエットで履き心地にもこだわる

Lemaire
パンツ¥64,000/ルメール(スクワット/ルメール)

立体的なシルエットを構築するツイストレッグデニム。上品かつディープなブラックデニムがスタイリッシュな印象。外側に膨らみを持たせた切り替えのシルエットもポイントで、共布のウエストベルトもアクセントに。

Tomwood – 地球環境も考えた取り組みで一歩先行く

Tomwood
パンツ¥33,770/トムウッド(トムウッド プロジェクト)

オーガニックコットンを使用したデニム。自然なウエストラインに沿うストレートレッグが特徴。同ブランドのローインパクトイニシアチブを体現すべく化学物質の不使用などサスティナブルな一面も。

Tommy Hilfiger – モダンな印象のワイドシルエットが秀逸

Tommy Hilfiger
デニムパンツ¥28,600/トミー ヒルフィガー コレクション(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)

極太のシルエットが目を引くウォッシュドデニム。バックポケットにはコレクションのアイコンであるトミークレストのトーナルカラー刺繍が施される。

固定ページ: 1 2