SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. FASHION
  3. ブランド別 – 一押しワイドデニム

FASHION

ブランド別 – 一押しワイドデニム

2022.01.31

ブランド別 – 一押しワイドデニム

“2022年春、まず、最初に欲しい服”を一挙にコレクション。昨年に引き続き今季も、各ラグジュアリーはリラックスしたスタイルが主軸。なかでもコーチジャケットや極太ワイドデニム、セットアップジャージなど、注目アイテムも目白押し。SENSEが厳選した“各ブランドの一押し”アイテムたちから、貴方好みを見つけちゃって下さい!

photography by JUNJI HATA (model), TOYOAKI MASUDA (still) styling by RYO KURODA, KOHEI KASAJIMA (JOE TOKYO)
hair & make-up by MAKOTO (for MOHAMED / juice), MASAKI TANIMORI (for TEN YOSHII / M TANIMORI LABO)
text by YASUYUKI USHIJIMA

Studio Nicholson – ボリュームだけでなく凝った細部も見逃せない

Studio Nicholson
パンツ¥53,900/スタジオ ニコルソン(インコントロ)

ウォッシュ加工を施したパンツは穿くだけでインパクトのある着こなしを体現。フロントに入ったプリーツや、サイドの2つのハンドポケット、そして後ろのパッチポケットもダブルになるなど細部にもこだわる。

Kuro – カジュアルさだけでなく品の良さも併せ持つ

Kuro
パンツ¥23,100/クロ(クロ ギンザ)

ワタリ幅は広く、股上も深いストレートシルエット。ひざ下からテーパードを効かせることでキレイなシルエットを演出。同ブランドでは赤耳のデニムが主流だが、今作はヴィンテージのような風合いのうっすらとしたピンクの耳を採用。

Eytys – 定番モデルにブリーチ加工が登場

Eytys
パンツ¥42,350/エイティーズ(エドストローム オフィス)

同ブランドから展開される定番モデルのBENZ。インパクトのあるワイドシルエットが着こなしを今っぽく仕上げてくれる。ブリーチ加工を施した唯一無二の表情はスタイルの主役になるポテンシャルを持つ。

固定ページ: 1 2