SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. CULTURE
  3. VibratioNote Vol.38 by 田中凜太郎

CULTURE

VibratioNote Vol.38 by 田中凜太郎

VibratioNote

2022.01.31

VibratioNote Vol.38 by 田中凜太郎

前号に続き、今月号もナターリアさんがモデルです。彼女は「ロックなコスプレ」が大好きで、衣装は知り合いからお借りし、自分でスタイリングをしながらカメラの前でポージングしてくれました。これは面白いですね〜。アメリカには「ロックな女性」が本当に多くいます!

Text & Editorial Photography by Rin Tanaka
Courtesy of Louella Basil, Black Shag Vintage, Bob Chatt,
PS Kaufman, Natalia, Recapitate Headwear, Squashblossom Vintage

“Rock”って何だろう!?(後編)

「チャーリー・ワッツ、死去!」
2021年8月24日、〈ザ・ローリング・ストーンズ〉の名ドラマーの訃報は、大きな世代交代を感じました。今月はチャーリーさんが得意だった「スイングするロック」をイメージしながら、ページを作ってみましょう!

ナターリアさん

このページの衣装は、テキサス州の「Gentlemen’s Club」で働くウエスタンなブロンド女性がイメージでしょうか。カウボーイ・ハット&ブーツ、そしてフリンジ付きのチャップス……。なんともセクシーですね〜。〈ストーンズ〉のTシャツは、「フリマで買った」そうで、この写真をストーンズ・ファンが見たら、「良いね!」のコメントが多数寄せられそうです。イェ〜イ!

この椅子は僕がいつも靴を履く際に座る、デンマークの〈HB〉社製です(2000年前後の作品)。なんと「靴職人のために作られた椅子」でして、まだ大半が「手縫い」で作られていた時代は股の間に靴やブーツを置きながら作業していたため、特殊な椅子が必要だったようです。そこで考案されたのが、股間の部分の盛り上がった曲線です。実際に座ってみると……なんか凄〜く気持ち良いですよ。これは良く考えたデザインだなぁと思います。是非、お試しあれ!

デンマークの〈HB〉社製

固定ページ: 1 2 3 4 5 6