SUBSCRIPTION

  1. TOP
  2. CULTURE
  3. 職人紀行 第一回 奥山 武(福禄寿)

CULTURE

職人紀行 第一回 奥山 武(福禄寿)

日本カルチャー紀行

2021.11.09

職人紀行 第一回 奥山 武(福禄寿)

もの作りの裏側には必ず腕の立つ職人がいるものだ。彼らの多くは黙々と手を動かすのみで、自ら語ることもなければ表舞台に出ることを好まない人も多い。しかし彼ら職人がいなければ、デザイナーの脳裏に沸いたインスピレーションが形になることもなければ、クリエイターの発想が世に出ることもない。世相が混迷を極める今こそ、ファッションや伝統文化、そして明日の未来を支える職人の話に耳を傾けたい。

direction by SATOSHI MORIYA photography by FUMIHITO ISHII text by SHUNSUKE HIROTA

「逆の手順で学んだからこそ独自の製法を編み出せた」

「靴修理を通じて色々なメーカーのブーツを解体するうちに“こうやって作れば良いのに”というアイデアや改善点が見えてくるようになった。なかでも一番感動したのが、リオスの工場を訪れた時。何十万もする手縫いのビスポークシューズと同じ構造と履き心地なのに、リオスは機械で仕上げているんです。自分が作りたいブーツはコレだと感動しましたし、キーストーンのブーツもリオスの製法から大きな影響を受けています」。

靴職人を目指してから約20年が経った2019年、靴修理を通じて培った知見を存分に盛り込んだ第1作目のオリジナルブーツ、キーストーンバイカーブーツが完成する。修理を通じて古今東西の靴の内部と作り方を知り抜いた奥山氏だからこそ作り得た、足に馴染みながら頑丈で、しかもワークブーツらしいマスプロダクトとしての合理性を備えたエンジニアブーツだ。奥山氏はやっと靴職人としてのスタート台に立ったのだ。

そしてオリジナルブーツが完成した時、奥山氏が出向いたのが、ウルフズヘッドの幹田氏のもとだった。「幹田さんは覚えていないと思うんですが、実は25~26 歳でウルフズヘッドを訪れた時に『いつかオリジナルのブーツを作るので、完成したらスタッズを打って下さい』とお願いしていたんです。ようやくブーツができて持って行ったらすごく気に入ってもらえて『せっかくならコラボしよう』ということになった。20年経ってやっと、当時の夢がかないました」。

履き心地の要である中底の製造工程。非常に複雑な形状であり「この工程はまだ自分しかできません」と奥山氏。

壊れたブーツの靴底修理から始まり、中底、部材、木型と、通常とは逆の流れで靴作りの方法を身につけていった奥山氏。前近代的だと批判されることも多いが、職人の仕事は“習うより慣れろ”“目で盗め”とよく言われる。奥山氏は愚直にブーツを解体して中を眺め、工場を訪れて目で見て盗み、アナクロなやり方で靴作りを体体得してきたからこそ、第1作目から代表作と胸を張れるブーツを作ることができたのだろう。職人の道に遠回りや無駄足はないのだ。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6